日本

<095> MINOLTA AF 50mm F3.5 MACROの作例紹介 with SONY A7R

投稿日:2019年12月20日 更新日:

スポンサーリンク

このMINOLTA AF 50mm F3.5ミノルタAFシステム用で、SONYの一眼レフでも使える、50mmのコンパクトマクロレンズです。
また、純正のマウントアダプターを使えば、SONY のミラーレスシステムでもほぼフルの機能で使えるレンズです。

50mm f3.5と、スペックとしてはパットしないので、かなりの不人気レンズのようで、中古市場では格安で取引されてるようですが、低スペックの反面、設計には余裕があるのか、開放から安定したシャープネス、滑らかな階調表現、品の良いボケ味を持っていて、コスパという意味ではかなり優れたレンズだと思います。
今後はこの滑らかな階調とボケ味を生かしたハウススタジオでのポートレートもやってみたいと思います。

前半は世田谷線沿線、後半は有楽町から東京駅界隈の夜景を撮りました。

まずは私の作例では定番の、世田谷線宮の坂駅の脇に停まってる古い車両から。 開放(f3.5)で撮影。


同じく宮の坂の古い車両から。
車内からf8で撮りましたが、なかなかの立体感の表現力を持ったレンズだと感じました。


こちらも定番になった世田谷八幡宮のドラゴンちゃんを開放(f3.5)で撮影。
ナチュラルでしっかりと色がのりだと思います。


世田谷八幡宮のいちょうがきれいだったので、秋の神社写真をベタな感じで撮ってみました。f5.6で撮影。


資材置き場を開放(f3.5)で撮影。
こちらもなかなかの立体感がでてると思います。


沿線の植物を開放(f3.5)で撮影。
花も葉っぱも枯れてしまいました。


錆びた鉄の質感も良いと思います。
開放(f3.5)で撮影。



後半の夜景は、国際フォーラムから東京駅まで散策しました。
ナチュラルですが、色がちゃんとのるので夜景はそこそこ華やかです。
ふわふわした感じはありません。 すべて開放(f3.5)で撮影。


-日本

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

<032> Yashica ML 200mm F4 C + Carl Zeiss Mutar T* 1(2×) (for Yashica Contax) + の作例紹介 with SONY A7R

スポンサーリンク 以前紹介した、Yashica ML 200mm F4 C に Carl Zeiss Mutar T* 1 (x2テレコン)という非公式な組み合わせでの作例です。 もともとヤシカコンタ …

<099>Nippon Kogaku NIKKOR-S Auto 35mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R

スポンサーリンク メルカリで買ったFM10というメカニカルの一眼レフにおまけで付いていたNIKKOR-S Auto 35mm f2.8を、フィルムで撮影する前にまずはデジタルで撮ってみました。 99記 …

<008> Canon FD 50mm f1.4 S.S.C の作例紹介 with SONY A7R

スポンサーリンク 父方の祖父がくれたCanon New F1 についていた標準レンズ。ちなみに、第一回で紹介したZeissの50mm f1.4は、母方の祖父がくれたレンズです。おそらく、当時も国産カメ …

<111> MINOLTA AF 50mm F3.5 MACROの作例紹介 with SONY A7 vol.3

スポンサーリンク 今回はMINOLTA AF 50mm F3.5 MACROの作例紹介3回目。 撮影したのは、埼玉県飯能市にある富士浅間神社という小さな神社です。 一般的に浅間神社系では、コノハナサク …

<097> PENTAX SMC TAKUMAR 300mm F4 + Mutar T* 1 (2× for Yashica CONTAX) の作例紹介 with SONY A7R

スポンサーリンク 以前、このPENTAX 300mm f4にテレコン2個という荒行をおこないましたが、今回はテレコン1個にしておきました。ただし、m42用ではなく、CONTAX用Mutar。 PENT …

スポンサーリンク

その他

 
 

その他