ドイツ

<039> Ernst Leitz GmbH Wetzlar Hektor 13.5cm f4.5 の作例紹介 with SONY A7R Vol.2

投稿日:2019年11月14日 更新日:

スポンサーリンク

Ernst Leitz GmbH Wetzlar Hektor 13.5cm f4.5の2回目で、世田谷線沿線お散歩ポートレートの作例です。

モデルをやっていただいたのは、夏弥さんという方。
https://ameblo.jp/beautiful-summer12
いろんな撮影会やワークショップでかなり多くのモデル経験をされているとのことで、今回もリクエストした雰囲気にうまく入り込んでくれました。

ちなみに次の記事も夏弥さん@世田谷線、和製ズミクロンで撮ってます。
<040> RICHO XR RIKENON 50mm f2 L の 作例紹介 with SONY A7R Vol.3

撮影は、前回と比べ光の条件が厳し目なところが多かったのか、前回の作例よりやや柔らかめの写真が多くなりました。ただし、雰囲気は柔らかいのですが、フォーカスした部分のシャープネスは非常に高く、ふにゃふにゃな雰囲気ではないと思います。

また、ボケの雰囲気や色の階調はとても滑らかなので、立体感や空気感の表現はさすがライカといったところです。

ネガティブポイントとしては、逆光でのフォーカシングで、ピントの山をつかむのがやや大変ですが、基本設計が80年以上前ということを考えればOKなレベルかな。

とにかく、人物や街を、何か物語があるかのように写したいというときにはかなり適したレンズだと思います。

世田谷線に乗ったり、沿線を歩いたりしながらの撮影です。
ふわっとあてもなく散歩&買い物的な雰囲気の物語風にしみました。
なお、いろいろ面倒だったので、レフ板やストロボは使っておらず、絞りはすべてf4かf5.6です。











-ドイツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

<086>Meyer-Optik Primotar 50mm F3.5 の作例紹介 with SONY A7R vol.3

スポンサーリンク M42マウント用Meyer-Optik Primotar 50mm F3.5、3回目の作例紹介です。 やや渋めかつ、こってりめの色乗りと、安定したシャープネスで、こちらも旅行に持って …

<026> Ernst Leitz GmbH Wetzlar Hektor 13.5cm f4.5 の作例紹介 with SONY A7R

スポンサーリンク Ernst Leitz GmbH Wetzlarの Hektor 13.5cm f4.5、ヤフオクで約¥7,000でした。Leica Lマウントです。ついに禁断のライカに手を出してし …

<067> Isco-Gottingen Westanar 150mm F4.5 の作例紹介 with SONY A7R

スポンサーリンク Schneiderの低価格ブランドであるIsco-GottingenのWestanar 150mm F4.5 を、以前紹介したIscotar 50mm F2.8とセットで購入。 ちな …

<021>Schneider Jsco 7.5cm F4.5 (for Semi-Prince) の作例紹介 with SONY A7R

スポンサーリンク Semi-Princeという古い中版蛇腹カメラ用Schneider Jsco 7.5cm F4.5。 Eマウントに改造された(フランジバック未調整)ものをメルカリで購入。 作例は等々 …

<068> Schneider-Kreuznach Tele-Xenar 135mm F3.5 の作例紹介 with SONY A7R

スポンサーリンク Exaktaマウント用Schneider-Kreuznach Tele-Xenar 135mm F3.5の紹介です。 以前、廉価版ブランドISCOのレンズをいくつか紹介しましたが、今 …

スポンサーリンク

その他

 
 

その他