ソ連

<062>Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) の作例紹介 with SONY A7R vol.3

投稿日:

ソ連ウクライナのアーセナルというメーカーで作られたJupiter-8M 50mm f2、本サイトでは3回目の紹介ですが、これを持って代々木公園で行われていたソ連フェスティバル(本当はロシアフェスティバル)に行った帰りに撮りました。
残念ながら、ソ連フェスティバルでの写真はありませんが、世田谷線沿線や井の頭公園周辺等を撮影しました。

やはりゾナーの末裔、安定した性能と立体感・空気感の表現力だと思います。
 

ちなみに、このレンズの前の回では上海を撮ってます。

ちなみに、このレンズの前の回では上海を撮ってます。
Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) の作例紹介 with SONY A7R vol.2

また、その前は江戸東京たてもの園ですが、この回でレンズのアダプター自作方法をざっくりと紹介してます。
Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) の作例紹介 with SONY A7R
自作は結構簡単にできますが、不安な方はちゃんとしたのを買ってください。
 

代々木公園を出て、代々木八幡駅から小田急線に乗りました。代々木八幡駅は現在工事中でした。f8で撮影


いつも私は豪徳寺駅から三軒茶屋方面に歩く事がおおいのですが、この日は下高井戸方面に歩いてみました。
踏切の手前にある渋いクリーニング屋さん。f8で撮影


電柱に巻き付いたツル、もう葉が枯れてますね。開放(f2)で撮影


ふんわりした雰囲気で撮りたかったので、こちらも開放(f2)で撮影。


こちらのツルはかわいいですね。 開放(f2)で撮影


古いエアコンプレッサーとタンクですね。現役っぽかったです。開放(f2)で撮影


ギラッてるように見えますが、実は白い大きなアパートが写り込んでいます。
アパートが夕日に照らされていたのでこのように見えるようです。
開放(f2)で撮影


勾配標識、開放でアンダーだと周辺光量が落ちますが、これも演出かな?
開放(f2)で撮影


世田谷線沿線にはこのようにきれいなな花をよく見かけます。
誰かが植えてくれているのですね、きっと。
開放(f2)で撮影


保線用のレールでしょうか?何か書いてあります。開放(f2)で撮影


なぜか工事現場にこんなにかわいいフォルクスワーゲンを発見。開放(f2)で撮影


ほとんど陽が落ちてしまったあとの井の頭公園のベンチです。
オールドレンズにしては開放f値がそこそこ明るいので、暗い場所でもなんとか撮れます。
開放(f2)で撮影


-ソ連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

<084> INDUSTAR 69 28mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R

INDUSTAR 69 28mm f2.8の作例紹介です。 ソ連のカメラ、CHAIKA 2用のレンズで、M39というマウントを採用しています。ハーフサイズのカメラなので、35mmのフォーマットで撮ると …

<005> Jupiter-12 35mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R

上海にあるカメラ関連商品の店がぎっちり詰まったビルにあるクラシックカメラ屋で買った、ソ連製Jupiter-12 35mm f2.8です。LZOS(ルトカリノ光学硝子工場)製ライカLマウント用で、ビオゴ …

<020>Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) の作例紹介 with SONY A7R

ソ連版Sonnar、Jupiter-8M 50mmです。 Sonnarの末裔、完全コピー説もありますが、この頃のロットが完全コピーなのか、単にSonnarベースなのかはわかりません。 Kiev Con …

<022>Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) の作例紹介 with SONY A7R vol.2

またもや寧波出張だったので、帰りに上海でお散歩撮影してきました。 ゾナーの末裔は今回も安心して撮れました。ニュートラルな写りは、上海の街並みと相性の良いレンズだと思います。 ハイテク&オシャレCity …

<003> Industar-61 53mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R

前回のHELIOS-44Mと同じ時にウクライナのリヴィウという街のフリーマーケットで約¥3,000で買った、ソ連製FED3についていたL39マウントのIndustar-61 53mm f2.8です。 …

スポンサーリンク

その他

 
 

その他