ソ連

<005> Jupiter-12 35mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R

投稿日:2019年11月2日 更新日:

上海にあるカメラ関連商品の店がぎっちり詰まったビルにあるクラシックカメラ屋で買った、ソ連製Jupiter-12 35mm f2.8です。
LZOS(ルトカリノ光学硝子工場)製ライカLマウント用で、ビオゴンの様に後玉がかなり突き出てたレンズです。
装着できるボディはあまり多くないようなのですが、R7系はフランジ~シャッターのスペースがゆったりしているようで、問題なく使用できました。
いろいろな方の作例からはかなり優秀なレンズのように感じられましたが、うちのはハズレ玉だったのか、かなりの暴れ馬でした。
順光ではくっきり写るのですが、地味な油絵のようなクラシカルな描写だと思われます。
しかしちょっと逆光+露出オーバーになるとハレやゴーストが盛大に出ます。
とにかく条件によって写り方がかなり変わります。
ただし、いろんな顔がある分、どのような条件でどのような顔が出るかを把握してさえすれば、出したい雰囲気に合わせて絞り、露出を決めてあげれば、なかなかおもしろい使い方ができそうです。
今まで試したレンズが意外と普通だったので、この暴れ馬っぷりは新鮮です。

まずはf5.6で順光



同じくf5.6で逆行側

(以上、@Si Racha / Thailand)



次はイジワル試験、f2.8で逆光。



次に同じ場所でf2.8とf22の比較、

まずはf2.8



こちらがf22



次はf16、

このような水面の描写の味がしっとりとして好きです。 ちなみにこれはやや逆光です。ここまで絞るとハレは出ない。
(以上、@井の頭公園)

-ソ連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

<003> Industar-61 53mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R

前回のHELIOS-44Mと同じ時にウクライナのリヴィウという街のフリーマーケットで約¥3,000で買った、ソ連製FED3についていたL39マウントのIndustar-61 53mm f2.8です。 …

<022>Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) の作例紹介 with SONY A7R vol.2

またもや寧波出張だったので、帰りに上海でお散歩撮影してきました。 ゾナーの末裔は今回も安心して撮れました。ニュートラルな写りは、上海の街並みと相性の良いレンズだと思います。 ハイテク&オシャレCity …

<020>Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) の作例紹介 with SONY A7R

ソ連版Sonnar、Jupiter-8M 50mmです。 Sonnarの末裔、完全コピー説もありますが、この頃のロットが完全コピーなのか、単にSonnarベースなのかはわかりません。 Kiev Con …

<062>Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) の作例紹介 with SONY A7R vol.3

ソ連ウクライナのアーセナルというメーカーで作られたJupiter-8M 50mm f2、本サイトでは3回目の紹介ですが、これを持って代々木公園で行われていたソ連フェスティバル(本当はロシアフェスティバ …

<002> HELIOS-44-2 58mm f2 の作例紹介 with SONY A7R

今回は、ウクライナのリヴィウという街のフリーマーケットで約800円で買った、ソ連製HELIOS-44-2 58mm f2 です。 ソ連のレンズは、同じレンズでもいくつかのメーカーで生産されていたことが …

その他

その他