ソ連

<113>Jupiter-8M 50mm f2 (for Kiev Contax) の作例紹介 with SONY A7R vol.4

投稿日:2021年6月25日 更新日:

スポンサーリンク

ソ連ウクライナのアーセナルというメーカーで作られたJupiter-8M 50mm f2、4回目の紹介です。
撮影したのは、真鶴駅近くの港の近くにある、子之神社。
ここの祭神は、大己貴命、素戔鳴尊、天照國照彦天火明櫛甕玉饒速日尊など、結構豪華なメンバー。
この中で、今回の記事は天照國照彦天火明櫛甕玉饒速日尊、通称ニギハヤヒのイメージに近かった手持ちのレンズということで、Jupiter-8M 50mm f2で撮影してみました。
ちなみに、大己貴命=大国主のイメージに近いレンズでも撮影していますので、次回の記事で紹介します。
ニギハヤヒですが、前回の瀬織津姫の説明でも書きましたが、大国主、長髄彦らとともに、(時代はずれてるかもしれませんが、)日本に国家というレベルのものを最初に作った人たちの代表格の一人とされ、“天照國照彦天火明櫛甕玉饒速日尊”という名前からして、最強クラスの神様になれる可能性が高かったのですが、古事記では大人の事情で地味な存在にされてしまったという人です。
今回使用した、アーセナル製Jupiter-8M 50mm f2の先代にあたる、Jupiter-8 50mm f2は、Zeissのエース級レンズSonnarほぼそのままで、その次の代のJupiter-8M はその直系の子孫ということで、中身は直系だけど表向きは本家ではないこのJupiter-8Mが、ニギハヤヒの存在と被ったことが、このレンズで撮ってみた理由です。

やはりSonnarの直系なので、色の階調、深みは素晴らしいですが、中心から離れると、開放付近の解像力が低いのはやはりオールドレンズ。
この写真の鳥居あたりまでいくと結構乱れています。f2.8で撮影



f2.8で撮影



この辺まで絞ると少し安定してきます。f4で撮影



かやぶき屋根がシブいですね。f2.8で撮影



凛々しい。f2.8で撮影



小さな神社ですが、立派な彫刻です。f4で撮影



f5.6で撮影。だいぶ安定します。



細部に至るまで美しい。f5.6で撮影

f2.8で撮影

f4で撮影



海住大神(手前)と少名毘古那(奥)を祭神とする社もあります。f5.6で撮影



紫陽花がちょうど良いタイミングでした。神社周辺でたくさん咲いてました。f2.8で撮影



このような小さな漁港がある集落でした。f5.6で撮影



帰り道、相模湾と伊豆半島が見える丘があったので撮りました。雨上がりの海も神々しくて良い。f2で撮影



-ソ連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

<005> Jupiter-12 35mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R

スポンサーリンク 上海にあるカメラ関連商品の店がぎっちり詰まったビルにあるクラシックカメラ屋で買った、ソ連製Jupiter-12 35mm f2.8です。LZOS(ルトカリノ光学硝子工場)製ライカLマ …

<094>Jupiter-12 35mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R Vol.2

スポンサーリンク ここのところ、比較的安定したレンズの作例紹介が多かったので、今回は、以前一度紹介した際、暴れ馬だという印象が強かったJupiter-12 35mm f2.8 の作例紹介をします。 前 …

<003> Industar-61 53mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R

スポンサーリンク 前回のHELIOS-44Mと同じ時にウクライナのリヴィウという街のフリーマーケットで約¥3,000で買った、ソ連製FED3についていたL39マウントのIndustar-61 53mm …

<103> Industar-61 53mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R vol.2

スポンサーリンク Industar-61 53mm f2.8 (L39マウント) 2回目の作例紹介。 渋谷の再開発エリアに行ってみました。 このレンズを使用したのはかなり久々でしたが、印象としてはZe …

<105> Industar-61 53mm f2.8 の作例紹介 with SONY A7R vol.3

スポンサーリンク Leica Lマウント Industar-61 53mm f2.8 3回目の作例紹介です。 前回、渋谷で作例撮影をした際、改めてこのレンズのバランスの良さを感じたので、もう少し作例を …

スポンサーリンク

その他

 
 

その他